健診より役立つ海外薬の実用性

忙しいこの世の中で病気と向き合うには時間のかからない海外の医薬品のニーズがどんどん高まっています!

性感染症ではなく膣炎の疑いも・・・

女性の場合、性感染症を疑って性器クラミジアや淋病、トリコモナス、カンジタなどの検査を受け結果が陽性だったとしても安心できないケースがあります。

なぜなら、細菌性膣症(膣炎)の可能性が考えられるからです。

おりものの異常や悪臭、痒みや発疹を伴う炎症などの症状なら、その疑いがあります。

特徴として、おりものは色がさらっとした灰色であったり、魚臭帯下と呼ばれる魚介類のような悪臭がしたり、また赤い発疹ができます。

ただ、自覚症状があまり出なかったり症状がないケースもあるので注意が必要です。

したがって、病院などでしっかり検査を受けることが肝心です。

性感染症とは異なりパートナー(男性)から感染するのではないので、たとえばコンドームの着用などでは予防できないものであることも覚えておく必要があります。

治療は、抗生物質の服用または軟膏の塗布、あるいは膣座薬を使用するのが一般的です。

また、増殖した菌を膣洗浄して洗い流すという治療方法もあります。

ただしこの方法は、膣内に存在する善玉菌も同時に洗浄してしまい却って治りが遅くなったり悪くなるということもあり得るので、医師の判断を仰ぐようにしましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`choix` not found]
Delicious にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア

, , , , , ,